読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もはや日記とかそういう次元ではない

2017年も宜しくお願い致します。

働く理由を答えるのが、いつも、難しい 〜岩瀬大輔さんと対談させて頂きました〜

 

先日、ダイヤモンド社監修の元、ライフネット生命の岩瀬大輔さんと対談させて頂いた。岩瀬さんとのコントラストも相まって私の人間性の低さが余すところ無く露呈してしまい独特の対談になってしまったが、ダイヤモンドオンラインのどこかにあるので読んで貰えれば幸いである

 

 

さて対談では、起業家として尊敬している岩瀬さんから色々な話を頂いた。話していることに実績がともなっていて、内容に異常な程の説得力があり引きつけられた

 

 

一方、その岩瀬さんに、なぜ会社をやめたのか、これから何をしたいのか と聞かれ、私はと言うと、口ごもった

あ、え〜っと... あのですね...う〜んと、何でしょうかねぇ.. (股間をイジりながら)

 

 

それらはつまるところ、“あなたは何の為に働くのか” という問いだった。この超難問が私の前に立ちはだかったのは、なにもこれが初めてではない。就職活動の時、会社の研修で、そして会社を辞める時、この難問は幾度となく目の前に現れては私をフルボッコし去って行く

 

 

 

OB訪問に来た学生ですら、この大技をブッ放つ可能性があるので注意が必要だ... 「何の為に働いてるんですか?」 

そう、その時の感覚と言えば、トキワの森でふと現れたキャタピーが、Lv. 82だった そんな感じだ

 

突然の強敵に面食らってアワアワしながら、必死で手持ちのポケモンを探す

 

 

  

 

ゆけっ!!

「お金のため」!!

 

... あ、いや〜、でも自分は服も買わなければ飯も毎日ラーメンとマックで大丈夫だしな〜 その上、家や家具にも拘りが無いし、車も欲しく無ければ美味しいワインの味も分からない...

満足する生活を送るという意味では、一定以上のお金は必要なさそうだ...それこそ会社を辞める意味もない。お金は理由の一部ではありそうだけど、全てでは無い

ん?でもお金を持っている方がモテるから、その為に余分なお金が欲しいというのは、ある。ああつまり生活に必要な量を超えたお金の、より本質的な目的はモテ、つまるところ性欲..? いずれにしてもお金のためだけでは、正確な回答になりえなそうだ...

オカネノタメ は、ちからつきた!

 

 

 

 

ゆけっ!!

「モテるため」!!

 

...いや、でもどうだろう

モテるという意味では、今の日本社会の中で言えば、大企業に居た方がモテる気もするな..どうなんですかお姉さま方、教えて下さいYO

まあ... 会社辞めて大成功すればモテるのかもしれないけど、大成功する人って一握りだしな... ハードル高ない?その辺、大丈夫かな?

っていうか、結果として人生の大半の時間は働いて過ごすことになるだろうに、その理由が、質の高い性行為か...  あんまシックリこないな...

モテルタメ は、ちからつきた!

 

 

 

ゆけっ!!

「より良い社会を実現する為」!!

 

....よ、より良い社会?

しゃ... 社会に良いとか悪いとかあるのか?江戸時代と今の時代と、どっちが良いんだ..

生活の水準が上がり寿命も長くなり漠然とした選択肢みたいなのも増え道を歩いていると侍にブッタ切られることもなければ戦もなくなったので安全になった..  あ、でも毎年数万人も自殺してるから社会的な殺人も含めれば安全は下がったのか?う〜ん分からない 環境問題につぐ環境問題で地球の寿命は縮まった、幸福の総和は...え〜と、幸福の総和はどうだろう人間は生活のレベルが上がれば要求の基準も上がるからそんなには今も昔も変わらない? いや誰にも分からんな。 あ〜、どうするどうする、社会は何を持って“良くなっている” とすれば良いんだ

これはマズい劣勢だ... 古今東西、万人にとって有効な統一の基準、“究極の物差し” が無い限り、この「良い社会」という議論は成り立ちそうにない... あ、ってか受精した時点の偶然で、めちゃくちゃ裕福な国に生まれたから、そもそも個人的には今の社会に対する強烈な不安とか不満とか感じたこと無いわ..  ここまでか...

ヨリヨイシャカイヲジツゲンスルタメ はちからつきた!

 

 

 

 

ゆけっ!!

「新しいことをするため」!!

 

...いや.. 新しいことをする、って言ってもな..

新しければ何でも良いわけじゃないしな.. 誰にも見られず逆立ちで高尾山を登る活動はかなり新しいけど、そこに喜びはなさそうだな...

とすれば、新しいことをすることによって承認されるとかお金になるとかモテるとか社会が変わって自分の実力を認識し他人との比較優位で満足感を得るとか、「新しいことをすることによって引き起こされる何か」が結果的に自分の満足度に寄与する可能性がある、とそいうわけだから、そもそもこれ自体は理由として下位概念な気もするな... 

アタラシイコトヲスルタメ はちからつきた!

 

 

 

 

ゆけっ!!

「成長するため」!!

 

...お...やっべ、こんなポケモン、パーティに入れてたっけ?

... そもそも自分がどこに向かっているのかよく分かっていないことが問題の根底だったのに、その状況で “成長” というこの単語は、さすがにまずいな...

目的となる像がありそこに近づいている時に成長していると言う、という至極当然の前提に立てば、今の自分にとってエクセルが上手く使えるようになることや英語が堪能になることが成長なのか、ゴールが具体的でない限りは何の議論も成り立たないな...

理由としての “成長” 、これ即ち本末転倒..くそっ.. 

セイチョウスルタメ はちからつきた!

 

 

 

 

ゆけっ!!

「格差社会を是正するため」!!

 

カクシャシャカイヲゼセイスルタメ はちからつきた!

 

 

 

 

ゆけっ!

ゆけっ!

 

ゆけっ!!

 

「楽しく生きるため」

「立派な人間になるため」

「スティーブジョブス」

「だってみんな働いてるじゃん」

「いや、別に理由とかないっすよ」

「大切な人を守るため」

「社会的な地位のため」

「とにかく目の前のことをやるのみ」

「世の中にあらたな価値観をもたらす」

「ソールのスクリームをシャウトするため」

「上場」

「人生ってのはそもそも辛いもんだ」

「自己実現」

「好きな人と一緒にいれたら、良い」

「世界征服」 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

くまがいは めのまえが まっくらになった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ハサミを買った」としよう。理由を聞かれれば拙者とて迷うことはない.. それは、紙を切るためである 

 

一方、「仕事をすること」は自分にとって、人生に現れた特定の具体的な困難を解決する、具体的な方法というわけではない...

複雑な系の中に複雑に絡み付いた "仕事"

1つの文章としてみた時に、「なぜ」と「仕事をする」のコロケーションがシックリくるか、人によって年齢によって、かなり差が出そうだ

 

 

 

 

 

 

少なくとも、過去の戦闘を振り返ると、私は控えのポケモンを何匹ブツけてみてもダメだった..

 

お金の為とか社会の為と言った風に端的な言葉でスパっと言い切ってみると、自分の中の違う側面をバッサり捨象してしまっているような感覚が残り何とも言えないリアリティの欠如を感じてしまい..

 

人生の幸福度を上げる為とか、総合的な満足感の向上の為、とか、相手の質問に対して"理論上" 最も正確に完璧に答えられているであろう回答をすると、何だかぼんやりし過ぎてて、“元も子もない回答” になっているような違和感を感じてしまい..

 

その一方で、自分の迷いや思考を、時間を使って余す事なく伝えるとこの通り、極めて歯切れの悪い感じになってしまう..

 

 

 

そして、結局いつも、股間をイジりながらモジモジして蚊の鳴くような声で言うのだ、 

 

いや〜〜、何でですかねぇぇ... う〜んと.. えええ〜っと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

嗚呼、 

もう、こうなればいっそのこと、何のために働いているのかと聞かれれた瞬間に、「資本主義を終わらせに来た」と即答し、相手に、ただの異常な奴だと思われたい

 

 

 

そしてキョトンとしている相手に向かって、言うんだ

 

 

 

 

 

 

「え? 宇宙と一体化したく無いんですか?」