読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もはや日記とかそういう次元ではない

2017年も宜しくお願い致します。

【随時更新】 寄稿した記事の御紹介

※ 2017.02.24 更新しました

※ 2017.02.22 更新しました

※ 2017.01.26 更新しました

 

寄稿した記事の中から一部をピックして載っけていきます。ご査収下さいませ。

全ての記事を一覧で見られる場所は、どこにもありません。

 

 

2017.02.24

就活メディア、ワンキャリアさんにて。

学生の時に何も頑張らなかった人が面接官を圧倒するには、どうすれば良いのでしょう?

www.onecareer.jp

 

 

 

2017.02.16

商売人・ECを考えるメディア、ニューアキンドセンターさんにて。

小学生の頃の自分の話を書きました。

 

new.akind.center

 

 

 

2017.01.17

お出かけメディア、SPOTさんにて。

あの名作の続きを書きました。サツキが時を経て、相当な実力者になりました。

 

travel.spot-app.jp

 

 

 

 

2016.12.22

就活メディア、ONE CAREERさんにて。

何を書いてるかよく分からないですが、書きました!!

 

www.onecareer.jp

 

 

 

 

2016.11.25

就活メディア、ONE CAREERさんにて。

時々こちらの就活メディアに寄稿してるんですが、恐らくこのメディアに寄稿している人の中で自分が一番意識低いし、なんなら、よく考えたら「就活」に全然興味ない。大丈夫なんですかねこれ!

 

www.onecareer.jp

 

 

 

 

2016.11.11

books & appsさんにて。

ふと、「ドンブラコ」という擬態語が気持ち悪いなと思ったので問題提起しましたが、どうも自分以外は本件について誰一人として問題視していないようで、何て言うか、杞憂でした。

 

blog.tinect.jp

 

 

 

2016.11.01

おでかけメディア、SPOTさんにて。

あのジブリの名作の、続きを書きました。皆さん、天沢聖司という伝説の破天荒を、ご存知ですか...?

 

travel.spot-app.jp

 

 

 

2016.10.27

就活メディア、ONE CAREERさんにて。

自分という糞人間を例にとって、「意見」に潜むバイアスに言及しました。

 

www.onecareer.jp

 

 

 

 

 

2016.08.19

books & appsさんにて。

to do listにまつわる葛藤について書きました。入念に書きました。熱心に書きました。

 

blog.tinect.jp

 

 

 

2016.08.16

Yahoo!、ネタりかさんにて。

「総合商社の仕事を誰でも分かるように説明して下さい」と言われたので、小学生やヤマンバギャルにも「なんか雰囲気だけは理解出来たかもしれない!」と言ってもらえる低次元のラインを目指して、大真面目に書きました。

(突っ込んだ話は全く書いていないので悪しからず)

 

netallica.yahoo.co.jp

 

 

 

2016.08.10

就活メディア、ONE CAREERさんにて。

敢えて、就活生の周りに溢れ返りまくってる話と、まっっったく逆の話をしてみました。反省しています。

 

www.onecareer.jp

 

 

 

 

2016.07.17

文章とイラストを組み合わせた新感覚の読み物が楽しめると噂のストリエさんにて。

「恋愛を極めし者、遠藤ラブ」という極めて崇高な連載を勝手にスタートしました。初回にして、ついに最終回です。

 

storie.jp

 

 

 

2016.06.21

就活メディア、ONE CAREERさんにて。

ハイパー鬼エリート天才就活生だった時の記憶を熱心に掘り起こし、大真面目にOB訪問について書いていたのですが、途中でなんだか阿呆らしくなってきて、フザけました。反省しています。

 

www.onecareer.jp

 

 

 

2016.06.13

Yahoo!、ネタりかさんにて。

唯一の趣味と言っても過言ではないマジックザギャザリング(カードゲーム)の、トッププロをインタビューしてきました。対戦もしました。負けました。

 

netallica.yahoo.co.jp

 

 

 

2016.04.26

workswitchさんにて。突然、「カフェで働く意義について書いて下さい」と言われたので、よくある海外の論説系の本を思いっっきりパロディーしてみたら、ワケの分からないことになりました。反省しています。

 

workswitch-ibs.inte.co.jp