読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もはや日記とかそういう次元ではない

2017年も宜しくお願い致します。

死に至る病、”花粉症"  ―その症状と、圧倒的な対策

 

ろくにブログも更新しないくせに更新したと思ったら花粉の話ばかりですみません。

 

花粉症ではない人にとっては意味不明な戯れ言でしかないと思いますが重度の花粉症により生死の境目を彷徨っている私にとっては「花粉にまつわる話」はトランプ政権や東芝の経営状況といった話題を遥かに凌ぐ極めて重要性の高い事項なのでご容赦下さい。

 

 

さて、私は中学生の時に花粉症を発症しその苦しみを知って以来、花粉症で苦しむ全ての人達に救いの手を差し伸べたいと思い、これまで様々な花粉症患者の相談を何一つとして聞かず、そして彼らに有用なアドバイスを何一つしてきませんでした。

 

今日は自身のこのような経験を生かして花粉症の症状別の症状の状況の状態と、それぞれのステージにおける対策を一覧にしたいと思います。花粉症の症状別の症状の状況の状態のショウジョウバエの少女の頂上の上場の症状を、"症状の軽い順"  に記載していきます

 

 

 

症状1:特に花粉を感じない

 

まず最も症状の軽い方は、花粉によって何も感じない方です。春になっても何も感じないし、杉の生えている場所にいっても何一つ違和感がない。花粉が苦ではない。いや花粉が好きだ。最高だ。そういう方です。

 

しかし花粉を感じないからと言ってヌウヌウとドヤ顔をしている場合ではありません。私自身、かつては何も感じなかったのです。断言しますが、花粉症は突然きます。誰しもが、「花粉症予備軍」なのです。

 

この花粉を感じないというステージの方は、花粉を感じないなりにも花粉症の人間達を “いたわる” ことが何よりも大切です。

 

明日は我が身と認識し、花粉症に苦しむ全ての人達に対して優しく接しましょう。「大丈夫ですか?」「鼻、かみましょうか?」「目、掻きましょうか?」「クシャミ、かわりにしましょうか?」

 

 

 

症状2:鼻がムズムズする

 

初期症状です。鼻のムズムズ。完全なる初期症状です。鼻のムズムズが始まった時、終わりが始まるのです。今年はムズムズで終わるかもしれませんが、来年はムズムズ程度では済まされません。死刑が宣告されたのです

 

このステージの方は、来年/再来年に訪れるであろう真の地獄に備えて、花粉を余り感じない最後の春を目一杯マンキツするようにしましょう

杉のたくさん生えているパワースポットにでも行って、杉の木を切り出して作ったネックレスか何かを首に引っさげて、杉の木をインスタにでもアップして、大喜びして下さい。苗字を杉山や杉内に変えるもの一つです

 

 

 

症状3:鼻水・クシャミが出る

 

とうとう始まりました。 花粉症の一般的な症状です。鼻水とクシャミ。序盤戦の幕開けです。花粉症の程度を会社員の年次に例えるならば、入社3年目といったところでしょうか。

 

さてこの段階での有効な対策ですが、鼻水が出た時には、鼻水をティッシュで「拭き取る」のがお勧めです。拭き取られない鼻水は、重力に導かれるがままに垂れ落ちて行く傾向があります

 

あとクシャミが出そうになったら、「しま」しょう。クシャミは「する」のが一番です。クシャミを溜め過ぎると、ゲップとして出て来るという言い伝えがあります。そしてゲップを溜め過ぎると、オナラとして出て来るそうです。そしてオナラすら溜め過ぎるとなんと、度を超えたアルティメットな「クシャミ」が出て来るのです。無限ループ

 

 

 

症状4:目がカユい

 

社会人で言うところの、入社5年目といったところでしょうか。まだ中堅まではいきませんが新人でもない、そんなところです。

 

目のカユみは、鼻水やクシャミよりも多少上位の症状です。迂闊に掻いてしまうと、ドンドン痒みが増していくので「掻く」という対策はとれず、有効な対策がありません。実質的には、「ひたすら我慢する」か「目を包丁で刺す」かの2択になります。

 

 

 

症状5:異常な程の鼻水と、異常なほどのクシャミがでる。目は物凄くカユい

 

とうとう一人前になりましたね。立派な花粉症です。止めどない鼻水、止めどないクシャミ、止めどないカユみ。もう貴方は、理論上、顔面を包囲されているのです。

 

ここまで来ると、「鼻」と「口」と「目」は、実質的には機能していない状態です。すなわち残るは「耳」、聴覚を頼りに生活をしないといけません。変に鼻水やクシャミを止めようとするのではなく、聴力を異常なまでに発達させる方向に全力を注ぎましょう。

そのためにはとにかく耳掃除をして、耳を徹底的に研ぎ澄ませてください。幽白の黄泉、もしくはダンボを目指しましょう。もしくは苗字を杉内に変えましょう

 

 

 

 

症状6:鼻血が出る

 

一線を超えた証しです。相当な花粉症です。鼻血まで出ればもう、花粉症の中でもそれなりの上位層になってくるので、ドヤ顔をすることが許されます。

 

このステージまで来たら、「いや〜花粉キツいわ〜、マジで鼻水止まらん」と言って花粉症アピールをしてくる友人を返り討ちにしましょう。深く頷きながら、「分かるわ、俺もマジで鼻血が止まらん」と言うだけで花粉症争いの優位に立ち、圧倒的にマウントを取ることが可能です。

 

花粉症アピールも、やはりマウント争いになりがちです。倒しましょう。倒すのです。危機を感じた相手が「寝てないアピール」に切り替えてきたら、すかさず「俺もここ3週間で6分しか寝てないわ」と言い放ちマウントを取り返します。とにかくマウントをとること、これがこのステージの対策です。 その上で苗字を杉内にかえましょう

 

 

 

症状7:目から血が出る

 

かなり危険な状態です。重度の花粉症です。行くところまで行ったな、という感じです。花粉症の人間の中でも、上位数パーセントのみが辿り着ける領域です。「目から血」 これは花粉症としては、相当深刻な部類でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

「これは、本当に花粉症なのだろうか?」

 

 

 

そう自分に問いかけることこそが、このステージでの有効な立ち回りです。自分が花粉症の域を逸脱している可能性に目を向けるのです。しかし逸脱の可能性に目を向けようにも、向ける目からは血が出ています。 oh my ガッ

 

 

 

症状8:鼻の骨が折れる

 

折れる頻度にもよりますが、いずれにしても異次元の花粉症です。 花粉症の症状として想定されるものの中では、最悪の部類です。

 

「花粉症で、鼻の骨が折れてしまうんですが」と病院で正直に症状を告げると、精神科を案内される可能性がありますので、この段階では医師を頼ることも出来ません。自らの手で、折れた骨をせっせと直しましょう

 

 

 

 

症状9:鼻の穴に入ってきた花粉と受粉してしまい、鼻の穴の中に草木が生えてくる

 

極めて珍しい症状です。生えてきた草木は、やはりせっせと抜くしかないんじゃないかと思います。この段階では、苗字を杉内にかえている場合ではないと思います

 

 

  

 

症状10:鼻の穴の中で育った草木が成長して立派な樹木となり、脳みそを突き破って後頭部から出て来る

 

花粉症で想定される、もっとも残酷な症状の一つです。花粉を吸引したことが原因となり、取り返しのつかないことになってしまっています。マスクです。マスクを装着して花粉をブロックしましょう

 

 

 

 

症状11:自分の脳みそを突き破って後頭部から出て来た樹木にやがて奇麗な花が咲き、それが撒き散らす花粉によって、鼻がムズムズする

 

初期症状です。鼻のムズムズ。完全なる初期症状です。鼻のムズムズが始まった時、終わりが始まるのです。今年はムズムズで終わるかもしれませんが、来年はムズムズ程度では済まされません。死刑が宣告されたのです

 

 

 

 

症状12:そんなことよりも、童貞だ

 

素晴らしいことだと思います。何一つ対策など講じる必要はありません。自分を信じて突き進みましょう。

 

 

 

 

症状13: 童貞だが、性欲は人一倍強い

 

もちろんです。「童貞」と「性欲」には本来何一つ因果関係はありませんし、相関性すらありません。

 

童貞の性欲が強いことは、何一つオカしいことではないのです。

 

 

 

 

 

症状14:童貞で性欲が強いが、目から血が出ている

 

リビングデッドです。童貞で性欲が強く目から血が出ている状態は、リビングデッドです。 

 

童貞で性欲が強いというのは何一つ恐ろしいことではありませんが、その状態で目から血が出ると何一つとして恐ろしいです。リビングデッドです。

 

 

 

 

症状15:しかし、いまでは童貞であることを誇りに思っている

 

「素晴らしい」の一言につきます。 童貞というのはあらゆる活力の源です。何一つ恥じることはありませんし、そのまま突き進むのが吉でしょう。

 

  

  

 

症状16:俺はチンコを出しながら繁華街を歩くのが好きなんだ

 

「圧倒的ですね。」の一言につきます。常識にとらわれない感じが実にワイルドで、非常に魅力的です。

 

 

  

 

症状17:お前もどうだ?チンコを出して街を歩いてみろよ。多くのものを失って、本当に大切なたった一つのものに気がつくぜ?

 

 

「鋭意検討の上、近日中に折り返します。」の一言につきます。失うものと得られるものを概算した上、妥当性が高ければ随時お出しするように致します。

 

杓子定規なプロセスとなり大変恐縮です。

  

 

 

  

 

症状18:チンコを出して街を歩いていると、時々鼻がムズムズする

 

初期症状です。鼻のムズムズ。完全なる初期症状です。鼻のムズムズが始まった時、終わりが始まるのです。今年はムズムズで終わるかもしれませんが、来年はムズムズ程度では済まされません。死刑が宣告されたのです

 

 

 

 

症状19、チンコを出して街を歩いていると、自分が童貞だったことに気付くんだ。

 

なんで出したのか、なんでそのタイミングで気付いたのか、分からないことだらけです。ですが、切なさの中にいぶし銀なカッコ良さすらも感じます 

 

 

 

 

症状20、童貞の中で育った包茎チンコが成長して立派なズル剥けチンコとなり、脳みそを突き破って後頭部から出て来る

 

ちょっとよく分かりませんが、相当マズい状態だとは思います。

 

 

 

 

症状21、杉内と申します

 

畏まりました。

 

 

 

 

症状22、近所の喫茶店で一人ニヤニヤしながらブログを書いているが、鼻からは鼻水が垂れ続けている。

 

私です。鼻セレブがいよいよ足りなくなってきたので買ってきます。Ho~ hohho♡