もはや日記とかそういう次元ではない

そう、それは日記という既存の枠組みに一切捕われることのない、余りにも宇宙的でユニバースな、それでいてユニバーサルでユニセックスでリバーシブルな、日々の出来事を綴る、例のあれ。日記。

眼鏡もコンタクトもない戦国時代における「視力0.1以下の人間」のプレゼンスに対し大いなる不安を感じている

 

最近、家に引きこもって漫画を読み漁っている

 

 

先週はまず人類のバイブルであるハンターハンターを読みなおし、その上で霊長類のバイブレーションである幽遊白書を読み直した

続きを読む

クリスマスになると、おっパブでオッパイを揉まなかった友人を、思い出す。

 

大学生の時に男3人で「おっパブ」に行った。冬だった。クリスマス近くだった。3人ともおっパブに行くのは初めてだった

 

続きを読む

酔っ払った俺が、俺の許可もとらず、鬼のように課金してくる。

 

もうタイトルに書いた内容以上でも以下でもないのだが、酔っ払った俺が、俺に確認することもなく、無断で課金してくる。やめてほしい。ここ1週間で、44,000円。

 

このペースで1ヶ月課金が続くと、新卒の初任給くらいの額になってしまう。

続きを読む

「足が臭いんじゃなくてサンダルが臭いんです」という謎の主張をしてくる足の臭い後輩を、抹殺したい。

 

カフェで時々軽いミーティングをする後輩の足が、めちゃくちゃ臭い

 

普通に向かいあって座ってると、モワンと匂ってくる。理科の実験室でしか嗅いだことのないような激臭を、信じ難いレベルで拡散させてくる。

 彼のことは“インフルエンサー”と呼んでいいと思う

続きを読む